田村文洋が行くトラベルGO!

世界を旅してまわる田村文洋が旅行について日々ブログを書いていきます

田村文洋の旅行コラム、新婚旅行出発まで

 

新婚旅行に行ったのは2年ほど前になります。先に入籍してから結婚式を挙げて、私の仕事の関係から1か月後の6月に旅行へ行く計画を立てていました。妻は新婚旅行は国内派でしたが、私はこんな長期間の連休はまたとないチャンスだと思ったので、ハワイへ行きたいと考えていました。      

 

田村文洋の新婚旅行計画

田村文洋の旅行というと、だいたい国内のぶらり旅が多いのですが、今回は一大イベントともいえる新婚旅行についてです。出発予定日は6月の後半です。サラリーマンの私は基本的に自由に休みを取ることはないので、GWやお盆などの長期休暇以外の長い連休はとっても貴重です。なので、後悔しないためにも、お金はかかっても海外へ行きたいと思っていました。友人に相談すると、断然ハワイだよ、ということで妻にもその話を持ち掛けてみました。妻は海外旅行の経験がなかったので、パスポートを作らなければならないということと、田村文洋夫婦は二人そろって英語が全くできないという事もあって躊躇していました。沖縄旅行が良いと推していた妻をなんとか説得して、行先はハワイにすることにしました。私の連休は丁度1週間取れる予定なので、4泊6日が妥当です。時差ボケが出るかもしれないという事と、帰宅してから翌日に仕事、という事を考えるとさすがに1日ゆっくりする日が必要です。   

 

田村文洋のハワイへの旅   

行先がハワイに決定したところで、実は私もハワイへの旅行は初めてです。仕事やプライベートで海外に行く機会は何度かあったので、パスポートは持っています。しかし期限が切れていました。パスポートを取得するにはお金も時間もかかるので、結構面倒に感じていて期限が切れてもそのままにしていました。妻は初めから持っていないので、二人分作りました。すでにここから新婚旅行に関する出費が発生しています。グアムやハワイなどは、日本人の観光客が非常に多い国なので、しっかりと英語が話せなくてもなんとかなるという話を聞きました。なので必死で英語を覚えようということもなく、妻ものほほんとしていました。さすがに挨拶や食べ物の単語などは知っています。まずは旅行会社においてあるパンフレットなどを集めて、同じプランでより安いところを探しました。その結果、インターネットの旅行会社が格安という事が分かりました。多少の不安はありましたが、口コミなどもあったのでそこで予約をとることにしました。

 

田村文洋のハワイでの過ごし方

有名な旅行会社のプランでは、初日から様々な予定が組み込まれていて、ハワイ旅行が初めての私たちにとってはハードな気がしていました。そこで宿泊するホテルと、往復分の飛行機のセットのプランにして、あとはオプションでやりたいことをプラスしていく形にしました。ハネムーンプランを選ぶのも検討したのですが、ここはいっそ自由に遊んだほうが楽しいかもしれないという妻の意見に賛成したのです。一泊目はホテルのまわりでショッピングやランチをしてゆっくりすることにして、夜はディナークルーズのオプションをつけました。二泊目はランチにフラのショーを、三泊目はバスツアー、四泊目は歩いて動物園と水族館へ行く計画にしました。もちろんせっかくのハワイですから、海も、ホテルのプールも満喫したいので、オプションをつけていない時間帯は海などに行く予定にしました。ホテルから歩いて1分で海に出れますし、プールは無料なので入り放題というのが最高です。6月に海に入れるのはさすが常夏の島です。   

 

田村文洋の新婚旅行の計画をまとめましたが、田村文洋の妻がナイスアイディアをよく出してくれて、当初考えていた金額より数万円抑えることができました。海外旅行で、ハワイともなると数十万かかりますし、そこから更にお土産や現地での飲食代がかかることを思うと、ここで抑えておいて正解でした。